髪を切った【散髪ログ】若くみられたい気持ちが消えた

Pocket

少し時間が空いてしまったのですが、8月11日に髪を切りました。

通常であれば2ヵ月に1回のペースできるのですが、前回の記録によると7月3日に髪を切っているので、1ヵ月ちょいで切りました。

これには理由があり、兄がいて一緒に飲みに行くぐらい仲良しです。そんな兄から「彼女を紹介したい」を言われて、めちゃくちゃ嬉しくなって「妹いい子じゃん!」って思われて〜〜と思って、せめて身なりだけでも良くしようと思って髪を暗めにしました。

今回のオーダー

上記の通り「兄の彼女さんによい子と思ってもらう」ことをミッションに髪の毛を暗めにしました。

長さはあんまり変えず、オン眉にしてもらいました。

髪の毛は久しぶりにイルミナカラーで染めました。「スターダストの6」って言っていた気がします。

お店について

ちょうどお盆休みで、実家に帰る途中に髪を切りたかったので、いつもと違うお店で髪を切りました。

自分で前髪切るし、失敗しても「すぐ伸びるでしょ」というマインドなので、「この美容師さんに髪を切ってもらいたい!!」みたいなのは特にないです。

ただできれば失敗して欲しくないので、お店選びのコツとしては

  • イルミナとか、N.とか割と新しめのカラー材とかを入れているお店
  • 5席以内くらいのこじんまりしたお店

とかを、ホットペッパーとかで探して予約します。そうすると一定レベルにはしてくれるなという印象です。

若くみられたい気持ちが消えた

色もカットもいい感じにしてもらえたのだけど、「手めちゃくちゃ小さくない?」と気にしている点をタメ語で言われて、事実だけど落ち込んでしまった😇

これまで相手の方がタメ語で話してきたりするの、あまり気になったことがなくて、むしろ「若くみられている、ラッキー」という気持ちになることが多かったけど、若くみられたい気持ちが消えて、対等にみて欲しい気持ちが強くなったのかな?と考えた。

社内でもよく新卒メンバーに対して「新卒の”子”」みたいな言い方は、対等に接していないように受け取られることもあるので、やめようといった話をすることがある。

これについては「そうだ」と思う一方で「愛着を持って」とか「ついつい新卒のみんなが可愛くて」と悪気はないと思うこともあったけど、これはそもそも私自身が新卒の時「可愛がられたい!」「若者って思われたい!」「1年目って思って接して!」みたいな気持ちが正直強かったと思っていて。笑 私が31歳になってやっと得た気持ちをもっと前から持っている人きっといるよなというのでしっくりきた。

最近は結構明るいのが続いたけど、暗いのもいいかも!