最近よく聞く「競プロ」について、ちょっと勉強してみた

Pocket

最近学生エンジニアの方とお話をしていると「競プロやってます!」という方が数年前と比べて、本当に増えてきたなあと思っています👀

先週の日曜も、逆求人のイベントに参加していて、学生さんとお話していると競プロの話がでてきました。

もちろんペパボにも競プロやってる勢のみなさんがいて、GMOペパボAdvent Calendar 2019でも鹿児島で働くエンジニアの @akht_ikd さんが「経費精算で損をしないために」という記事を書いていたりするのは知っていました。

“競プロ” もちろんエンジニアの採用担当として、なんとなくは知っていたものの、こんなに流行っているのに何も勉強していないのめちゃくちゃダサい‼️と、イベント中にふと思い、会社のSlackの #kyopro チャンネルに参加しました。

とりあえず聞いてみたかった、競プロに関する10の質問

日曜日のイベント中にしれっとチャンネルに参加したので、まずは挨拶をしました。

話を聞くと毎週火曜日のお昼休みにみんなで競プロのもくもく会をやっているという話だったので、私も参加させてもらいました!

参加するにあたり、聞いてみたいことが10個ほどありました。(めちゃ雑)

ランチもくもく会で答えてもらいました

ランチもくもく会は東京・福岡・鹿児島から合計5名の方が参加していました。

1. 競技プログラミングってつまりなんですか?

「いきなり哲学的な質問ですね」と言われましたが、めちゃくちゃわかりやすくいうと好きなプログラミング言語を使ってパズルみたいな問題を解く遊びとのこと。

「脳トレとかと近い感覚じゃないですか」という声も。

また、“遊び”と書いていますが、もちろん世界大会などのトップ層で競っている方や 、部活動として青春を捧げている方、趣味として楽しくやっている方などがさまざまな方がいて、ペパボでは趣味として今は楽しくやっているメンバーが多いそうです。

2. どんな問題がでるんですか

みなさんがランチ中に解いている問題のページを一緒に見ました。

※今回解いていた問題はこちら

「数学の文章題の問題に似ているな」と思ったのと、「プログラミング以前に文章が理解できないと解けないんだな…」ということがわかりました😇

3. ちょっと今問題を解いてみてほしいです

画面共有をして問題を解いているところを見せてくれました。全然わからなかったけど雰囲気はつかめました、感謝!

4. Rubyとかであんまり書かないって聞いたんですけど、どんな言語で書くんですか

5. Rubyでも書けるの?

1番目の回答でもあるように好きなプログラミング言語で問題を解くことができるので、Rubyでも解くことができます。ペパボでは業務でRubyを使うことが多いので、Rubyで問題を解いているエンジニアもいるようですが、世の中的にはC++、次にPythonの言語を使って解いている方が多いようです。

「なんでC++が多いのか…」というのも聞いてみましたが、これを話し出すとそれだけでランチが終わってしまうということだったので、今回は聞かず。笑

6. みなさんはいつ競プロと出会って、やってたんですか

競プロもくもく会をメインで運営してくれいるぱーぽーさんは学生時代の部活動でやっていたとのこと。ほかのみなさんもこのもくもく会できっかけで始めた方や、前職から始めた方などさまざま。

これもいつか詳しく紹介したいです!

7. AtCoderって何?

8. AtCoder、緑とか色の話を聞くけど、何色がどんな特徴があるの?

AtCoderは競技プログラミングのコンテストを開催していて、競プロをやっている方の多くはここの問題を解いている方が多いそうです。

AtCoderで毎週末開催されているコンテストに参加すると、成績に応じてランクわけがされ、そのランクが色で表されているそうです。

※ランクの詳細についてはchokudaiさんのブログにわかりやすくまとめてあり、こちらをみながら説明していただきました!

9. AtCoder以外にも、知っておくといいキーワードがあれば教えてください

ICPC:国際大学対抗プログラミングコンテスト。学生で部活などで競プロをやっている方は、この大会している方が多いそう。3人1組のチームを組むそうです。

マラソンマッチ: コンテストの1つで、半日〜数週間くらいで順位を競う長いコンテスト。

すぬけくん:AtCoderの問題の中によく出てくるキャラクター。

10.ペパボの競プロはどんな感じで活動してるんですか

Slackチャンネルでの情報共有や、ランチもくもく会でみんなで問題を解いたり、解説をしあったりして活動しているそうです。

最後にやっていき

「とりあえずアカウントを作りましょう!」とのことで、私もアカウントをつくってみました!

茶色はまだしも、とりあえず簡単な問題でもいいからまずは自力で1つ問題をといてみたいなと思ったので、がんばってやってきます!

You may also like